企業に対してのマイナンバー制度として「法人番号」が新たに導入されます。
法人番号の活用の仕方としては、給与支払い調書に記載するなど広く利用されます。
法人番号とは国が国内の全ての会社に義務付けた番号で、12桁の基礎番号が基本、その前にた1桁の数字を付して(チェックデジットといいます)検査用に利用できる形式になっています。
合計13桁の番号が法人番号となりますす。
一般的には、株式会社では会社法といった規定がありますので、法人登記の際に基礎番号が割り当てられます。

ぜひ、オススメ見て下さい。→法人番号 13桁 検索

ちなみに、個人のないナンバーは12桁ですので、法人番号が13桁であることで混乱するケースが見受けられます。
「法人番号 12桁 13桁」であったり、「法人番号 12桁 13桁 違い」といった検索ワードも増えてきているようです。
どちらも間違いではありませんが、履歴事項全部証明書を見ると13桁の正しい法人番号も確認することができます。

法人番号制度を導入したことにより、日本国としてのメリットをまとめます。
行政の効率化が図られ公平性・公正性が向上したと評価されます。
番号制度化したことで、企業の事務負担が軽減され、企業活動の価値創出がより期待されるようになったと言われます。
このように法人番号により会社の名称や所在地が素早くわかるようになりました。

関連記事

    None Found