外壁塗装の重要な役割として、建物を雨漏りなどから守るということが挙げられます。
雨水がしみこんでしまうと、家の中で雨漏りがするだけでなく、建築資材が水によって劣化してしまうおそれがあります。
そこで用いられるのが、防水工事です。屋上の防水工事では、ウレタン防水工法がよく用いられています。
外壁 屋上 ウレタン防水
ウレタン防水とは液状のウレタン樹脂を塗り、防水膜をつくる工法です。ウレタン防水はシートを使った工法と異なり、繋ぎ目がなく仕上がります。
さらに、ウレタン防水は工事後も歩きやすい為、屋上だけでなく、ベランダでも用いられています。
価格も比較的安価で複雑な形状のものにも対応できるため人気です。
但し、ウレタン防水に用いられているウレタンは紫外線に弱く、5、6年ごとにトップコートを塗りなおす必要が出てきます。
トップコートのメンテナンスを行えば、15年は持つといわれています。
トップコートの塗り直しで済むということは、下の防水層は除去しなくてもよく、そのまま利用できるので工事費を抑えられます。
注意していただきたい点として、ウレタン防水は何層にも塗り重ねることによって防水効果を得ることができるので、塗り重ねる回数が少ない外壁塗装業者を選ばないということを挙げることができます。
事前の打ち合わせで確認することをお勧めします。

関連記事


    屋根の塗装をしてもらったけど、それでも雨漏りしたり、外壁塗装をしてもらったのに亀裂が入ったりといった事態が起きやすいので、契約前に仕事をきちんと行ってくれる業者に頼むのが失敗しにくいポイントになります…


    大切なマイホームを長く美しく保つために、外壁塗装は欠かせません。 ただ、業者によって、工期や金額・仕上がりが大きく変わってきます。 そこで失敗しないための業者選びのためのポイントをお教えします。 ①飛…


    初めて家の外壁塗装をしてもらう時に一番迷うのがどの塗料を使って家の外壁塗装をするのかというのがあります。 それはどうしてかというと、どの塗料を使って家の外壁塗装をするかで外壁塗装のコストが全然違ってく…


    世の中には本当にたくさんの悪徳業者がいますが、その中でも悪質なのが外壁塗装の悪徳業者です。 それはどうしてかというと、外壁塗装の悪徳業者というのはこちらが外壁塗装を頼んでもいないのにいきなり家に押しか…