肌のためには、日焼けは厳禁なのはわかっているけれど、敏感肌や肌の弱い人にとっては、紫外線から肌を守るための日焼け止めで肌が荒れてヒリヒリするなんてこともあります。

私も、SPF50でウォータープルーフの強い日焼け止めクリームを塗ったとたんに肌がヒリヒリし慌ててクレンジングで洗い流した経験があります。

なので、日焼け止めを選ぶときは慎重になるし、紫外線予防効果よりも、自分の肌に合うかどうかが重要になってきます。

なので、日焼け止め効果は妥協して、オーガニックのSPF値の低い日焼け止めを使い、日差しの強い時間はできるだけ外出しないか、日傘に帽子、長袖のシャツを着てなるべく肌の露出を避けてきました。

ですが、飲む日焼け止めを飲み始めて2週間くらいからは、完全防備でなくても肌が赤く日焼することがなくなりました。
なので、猛暑日に汗だくなのに、長袖のシャツで外出する必要がなくなりました。

飲む日焼け止めは、敏感肌で、肌が弱く強い日焼け止めを塗ることに抵抗を感じている人にこそ試してもらいたいです。

日焼止めがしっかり塗れないお子さんにも

日焼が肌に与えるダメージを考えて、最近ではお子さんにもしっかりUVケアしている親御さんも多いようです。

ですが、毎日、外で遊ぶお子さんの肌に日焼け止めをお母さんが塗ってあげていても、遊びに夢中になってしまうとどうしても3時間おきに塗りなおすなんてことがなかなかできません。

また、学校のプールの授業の前に、全身に日焼け止めを塗るなんてことは、難しいですよね。
なので、飲む日焼け止めならば、朝飲んでおくだけで良いので子供の負担にもなりません。

ホワイトヴェールについて、私が参考にしたのはこちら⇒ホワイトヴェール 口コミ

関連記事


    髪の毛も日焼け対策しないと自分だけがバサバサヘアに いつも一緒に子供たちを遊ばせているママ友グループがあります。 私もそのメンバーにまじり、子供を公園に連れて行き、同じように子供との公園遊びやプール遊…


    曇りの日で雲がかかっていても 紫外線の8割以上は通過しているので油断大敵です。 気づかないうちに紫外線は遺伝子を破壊して シミやシワの老化現象を加速させます。 なので毎日きちんと紫外線の対策をしていく…