空き地利用のために太陽光発電を利用しようというのはいいのですが、空き地によっては太陽光発電に適さないような場所も多く存在します。
そんな空き地に関して空いていたとしても設置しない方がいい場所というものもあります。
まずは、基本的に太陽光が当たりにくい場所日光を遮るような建物や山など日陰ができやすいところに設置しますと発電効率が落ちてしまいます。
広さもないと、発電効率的な部分を考えても多くの電気を生み出さないといけませんから、あまりに狭いところに設置するのも良くありません。
もともと太陽光が少なく、雪などパネルの上に発電の邪魔となるものが乗りやすいような地域は設置にはもともと向きません。
また、斜面でもあまりに角度があるようなところは設置しない方がいいでしょう。
無理に設置すると山とかですと土砂崩れなどを引き起こしやすいような環境を自ら作ってし舞いますし、発電施設自体もなくなってしまう危険性があります。
いくら利用がしにくい土地であるとはいえど、設置を無理にすることはしないようにしましょう。
その他にも、あまり古い建物の上に設置したりすれば、家の耐久性が悪くなるようなケースもあるため、設置場所は慎重に検討しましょう。

こちらに詳しく書いてあるので、参考にしてください⇒空き地利用 太陽光発電

関連記事


    太陽光発電を導入して屋根に太陽光パネルを設置すると発電する事が出来るので電気代を安く抑えられるメリットがあります。 また発電した電気が余った時は売却する事も出来るので利益を生み出す事も出来ます。 しか…


    太陽光発電の発電効率を考える場合、太陽電池パネルの変換効率はもちろんですが、装置の稼働率も合わせて考える必要があります。 太陽電池パネルの変換効率とは、パネルに降り注いだ太陽光の光エネルギーを、どのく…


    電力自由化とは 2016年4月以前迄は、特定の電力会社としか契約できなかった電気です。 昨年4月以降から既存の電力会社だけでなく新規参入する電力界者とも電気を契約できるようになりました。 その事から、…