多汗症で苦しんでいらっしゃる方は結構いると思います。
多汗症は自律神経が乱れることや遺伝や体質などでも発症し、一生涯にわたって苦しめられることの多い病気です。
ただ治療方法がないわけではありません。多汗症は取り組み次第で改善できる病気なのです。
そこで今回は多汗症に対する治療法法で効果的と思われるものについてまとめてみました。
多汗症治療で最も一般的なのは塩化アルミニウムを使った治療方法です。
塩化アルミニウムを使い肌に塗ることで汗管を塞いでしまいます。
これにより発汗の元となる部分を抑えることになり発汗を減少させる効果が期待できます。
ただ根本的な治療にはなりません。なぜなら汗管にフタをしているだけの状態なので多汗症を治すことにはならないのです。
あくまで現状の症状を軽減させる措置だと考えた方がいいでしょう。
その次に著名なのがイオントフォレーシスと呼ばれるものです。
どういうものかというと、水を入れた容器に直接電流を流してその中に手足を入れて治療する電気療法です。
およそ10日間ぐらいで効果が出てきます。
ただここにもデメリットがあり治療を一度止めてしまうとまた症状が戻ってくる場合があるのです。
途中で止められないというのは大きなデメリットになりかねません。
多汗症治療の根本的な治療方法は薬や機械に頼る事ではないという研究も出ています。
自律神経の乱れや生活習慣病、喫煙や飲酒も多汗症の原因の一つとされているのです。
そのため多汗症を根本的に治療するのに最適なのは、まず今の生活習慣を見直すことにもあるといえるのです。

多汗症についてこちらにも詳しく書いてあるので、参考にしてください⇒多汗症 治療

関連記事


    実は気付いてなくて、自分がすそわきがであるって事多いみたいです。 でも自分がすそわきがだからといって、過度に落ち込む必要はありません。 対策すれば問題がない事なんですから。今回はそのすそわきがの対策を…