全然お金がありません。でもそんな時に手を差し伸べてくれた人がました。その人は会社の上司です。困っている私を見るに見かねてお金を貸してくれたのです。でも上司もお金はないと、いつも口癖のように言っていたのです。それなのに、私にないお金を貸そうとしてくれたのです。
さすがに悪いなと思ったのですが、それでも困っているのでないお金を借りようと思ったのです。上司は結婚していません。実家暮らしです。今あるわずかなお金を私に貸しても、かまわないと言ってくれているのです。その言葉に甘えようと思ったのです。気持ちはいいものではありません。本当に悪いと思っているのです。でも私の事を思ってくれている上司の気持ちに甘えたのです。

関連記事


    入社して3年目の時、私は消費者金融から借り入れを行ったことで、とにかく返済が大変でした。借り入れした理由は本当に恥ずかしいことで、単純に欲望を満たすためだけにお金を使っていました。   美…


    今私がどうしても欲しいもの、それはピアノです。このピアノを買うために、私はなんとしてでもお金を借りないといけないのです。できたら利子のつかない両親に借りたいのです。でもなかなか言い出せません。いつも…


    借金をしたときには、返済の期日を逆算しながら金策をする必要があります。借金をするということはその借金を何かに使うということですが、借金したお金は確実に返さなければならないので、返済期日までにきちっと…


     消費者金融相手ではなかなか難しいですが、個人間の借金ですとその借金は踏み倒してしまうことができます。ただ、借金を踏み倒すということは、借金したお金を返さないということですから、それはかなり人道的に…


    主人が会社をやめると会社に話した時に「やめてもいいけど君、借金あるからね」と訳のわからないことを言われました。   その会社は友達と作った会社なので、お互いにお給料分稼ぐシステムになってい…